Lꗗ

ストーブメンテナンス

ファイル 115-1.jpgファイル 115-2.jpg

 次の山行に備えて愛用のストーブ(MSRドラゴンフライ)のメンテナンスをおこなった。本体は1998年に購入で14年を経過しているが、今までトラブルは一度もない。すばらしいストーブだ。ポンプユニットは2007年2月に新型に交換したが、定期的なメンテナンスが必要であることはいうまでもない。
 今回はメンテナンスといっても、ポンプユニットとコントロールバルブのOリングの状態をチェックしたに過ぎない。燃焼テストのついでにご飯を炊いた。別にお湯を沸かすとか、ただ火をつけるだけでも良かったのだが、技術の方もメンテナンスした次第だ。ちなみにコッヘルの上に乗っている石は、高所使用でのプレッシャーを想定したものだ。フィスラーとはいわないが圧力鍋だ!
※炊飯テクニックを更新しました。
http://sanmine.jp/sanmine/member/kome.htm