Lꗗ

イチゴの栽培

ファイル 140-1.jpg 10月も中旬になったので、イチゴの定植を行った。花芽分化もすすみ苗の本葉が6~7枚開いたのでもう良いだろう。親株のランナーから出た子苗をポットに仮植したのがお盆前。あれから欠かさず水をやり続けた。クラウンが隠れないように、それから果実が一方向にできるように植え付ける。露地に60本とプランターに30本のなんと計90本。
 イチゴ狩りには何度か行ったことがある。自分でこんなに育てられたらいいなぁなんて思っていたが、なかなか準備に取りかかれないでいた。そもそも家業は百姓だが、ガーデニングなんていうのは大の苦手。なにしろこちら側の"間"でことは進まない。種をまいても苗を植えても時間と管理が必要だ。時間といっても作業とか反応のことではなく時期である。
 自分でいうのも何だが、私は忍耐力はそこそこあると思う。でも、即結果につながらないのが歯がゆくて仕方がない。まさかデジカメの影響とは考え過ぎだろう。
来年5月には自宅でイチゴ狩りが楽しめる。来月には防寒対策を施さなくてはならない。