Lꗗ

K.Country D-300

ファイル 156-1.jpgファイル 156-2.jpgファイル 156-3.jpgファイル 156-4.jpg

 アコギな毎日がどうやら弾くためではないことが明らかになってきた。
今回、私の元に届いたギターは、春日楽器のK.Country D-300。またもやドレッドノートタイプだ。ブランド名の「K」はKasuga、「Country」はカントリーミュージックをイメージして付けられたらしい。
 しかしこいつはどうも怪しい。ヘッドロゴも真っ直ぐだし、「EST.1935」の表記がない。ポジションマークも安っぽいスクエアーときている。ブレイジングには「385」のスタンプがあったり・・・。D-300 としたのはサウンドホール内の四角いラベルにあるからだ。調べてみないといけない。
 確かなことは、単板のなせる技か材の乾燥か、とにかく心地いい音がする。「シャリーン」