Lꗗ

GITZO G1228MK2

ファイル 161-1.jpg ジッツオのG1228MK2(カーボン三脚)とG1275M(マグネシウム雲台)を買った。なぜそんな古いものを?実は、G1228は2台目で、先代は15~16年前に3型のG1349を買ったとき、写友のU氏にゆずってしまった。以来、山へ持って行くのは旧型のアルミ製の#468Lと#220(ボール雲台)を担いでいる。ところが、アルミ製は重くて冬季はしばしば凍る。素手で触った日にはただでは済まない。でも、最近はデジタルカメラ+イメージ・スタビライザー搭載レンズで手持ちでもなんとか撮せるのと、体力が一段と落ちてきて重い三脚を持ち歩かないことが多くなっていた。いやいやこれではダメだ、曲がり形にも山岳写真家を名乗る者としては、装備はしっかりしていなくてはならない。先の大日岳で夜明けを撮ったときに「やっぱり山用に軽い三脚欲しい!」と真剣に思った。
 各社カタログやネット販売状況を確認してはみたものの、ただただコンパクトで軽いだけの物はどうもいけない。やはりGITZOがいい。今年リニューアルしたGT4542あたりを検討したが、12萬円の価格とデザインが好きになれない。それに生産拠点がイタリアへ移転したので少々信用できない。やはりMade in Franceの文字がないと!