Lꗗ

晩秋の赤岳

ファイル 62-1.jpg 11月20日~22日にかけて南八ケ岳の最高峰"赤岳"に出かけた。結果的に、中岳・阿弥陀の分岐までしか行けなかったが、21日は好天に恵まれたので、また思い出多い山行となった。
 前夜は諏訪湖SAで仮眠をとり、美濃戸口の駐車場に車を駐め2日分の1,000円を払い、身支度を調える。登りはじめたのは7:30頃だ。途中美濃戸山荘で軽く休憩をとり、積雪5cm程の南沢を行者小屋へと向かった。
 赤岳まで登り、16:00頃までに今夜の宿の赤岳鉱泉小屋に到着するには、行者小屋には11:00までには着きたい。しかし、日頃の疲労のせいで、到着時刻は大幅に遅れ、11:40になってしまった。日当たりのよい場所での昼食は気持ちがよい。登はんルートや目的地の変更などを思案しながらも、登れるところまで登ることにした。ファイル 62-2.jpg
 文三郎尾根の積雪は5~10cm程度で、アイゼンは必要なかった。むしろこのルートは階段が多く、アイゼンを装着しての歩行は相当難儀する。右手に阿弥陀岳、左に赤岳を見ながら急登を登る。息を整え振り返ると横岳、硫黄岳が雄大な姿を見せる。
 今回あえてココを目的地にしたのは、新しい機材の試写が理由の一つである。加齢に加え銀塩でのフットワークに支障を来すようになったので、フォーマットの変更を余儀なくされている。