Lꗗ

BROWNIE SIX-20 C

ファイル 166-1.jpg またアンティークなカメラが我が家に届いた。コダック製のBROWNIE SIX-20 C。このタイプのカメラは「ボックスカメラ」と呼ばれ、フィルムのラチチュードの広さを利用して撮影できる「写るんです」のようなチープなカメラである。タテ位置・ヨコ位置のツインファインダー付きで、シャッターはI・Bの2段階切替式、6×9サイズでフィルムは620フィルムを使用する。絞りは開放でF11、シャッター速度はデータはないが1/50秒ぐらいだろう。シャッターはチャージの操作が不要で、いつでも露光できるエバーセット式。製造はイギリスで1946~57年。
 Brownieは、コダックが製造販売した写真機のブランドで、現在一般的な中判カメラで使用する120フィルム、およびカメラによっては共用できる220フィルムについて、日本ではブローニーフィルムと総称するが、その語源となったようだ。

食品撮影

 先月中旬。一緒に撮影旅行などに出かけたこともある友人から写真撮影の依頼を受けた。勤務先が主催するあるイベントで出される伝承料理を撮って欲しいとのこと。
 そもそも山岳写真家を自称し、風景を得意とする私にとって、ブツ撮りはあまりやったことがない。それにその写真をカレンダーなどに使用するというのだが、ただ料理が写っているだけのカレンダーを誰が1ヶ月も耐えられるだろうか。その企画自体の是非を含め丁重に断った。
 ところが、1ヶ月程経って再度依頼の連絡が入った。家人も世話になっていることもあり無碍には断れないので、大きな不安はあるものの元来の性格が故、了承してしまった。幸い、オークション出品の他、ブツファイル 165-2.jpg撮りには興味はあり、ソフトボックスやスタンド類の機材は所有している。少々古いがレフ板もある。今までに1度だけ馴染みの旅館の料理を撮ったことがあるが、相当大がかりな機材でやった割には結果が芳しくなかった。まさかクリップオンのストロボ一発焚いて撮るわけにもいかないだろうが状況によっては仕方がない。撮影ブースはどうなっているのか、40品目くらいあると聞いているが、時間は足りるだろうか。イベントは日に日に迫ってきているのに、まだ現場の状況が分かっていないので、最低限の準備しかできないでいた。
 結局、何ら対応策もあまりしないまま当日を迎えてしまった。ある程度環境を想定して現場入りしたら、外光と照明が意外と強く、持ち込んだ照明類は無用かと思われた。アシスタントは依頼者側で用意をしてくれいたのだが、初対面では何かと指示ができない。ましてや、撮影のイロハも知らないときている。手早く準備を済ませたが、外光がえらく気になる。今さら撮影ブースを変えろとか、暗幕引けとかはいえない。不本意ながら撮影に取りかかった。問題ファイル 165-3.jpgは、料理の提供者が張り切っているのだろう、料理を塗り物のお椀や光沢のある器に盛っている。目で見て食す分にはそれはそれで趣があるのだけれども、こちらとしては余計な反射を取り切れない。また、伝承というだけあって、彩りが悪く、黒っぽいものが多い。ある意味常套といえるハイキーでは、質感や立体感が失われる。若干アンダー気味で撮ると"しずる感"が全くない。中でも難儀したのが真っ白なカブの漬け物みたいなものだ。プラス1の露出補正でもくすんで写る。せめて鷹の爪や柚を散りばめてくれたらよかったのに。とにかく1品1品にかけられる時間が少ない。次から次と運び込まれる料理に圧倒された。
 どうにか全品を撮り終えたが、はたして使用できる写真はどれくらいあるのだろうか。ファイル 165-1.jpg
ところで、Kazu Boardに載っている食品の写真は、携帯もしくはコンデジであまり意識せずに撮っている。特に光源の確認、ホワイトバランス、露出補正も何もかもがメチャクチャだ。Homeで載せているカメラの写真にしてもそうだ。ある程度だが知識としてはあるし、これではいけないとは思っているが、撮り直したりその都度鼻につくパフォーマンスはしたくない。もし、オークションにでも出品するなら、頑張って撮りたい。

夜景撮影

 10月8日 同級生で仕事でもお世話になっている知人から写真撮影の依頼を受けた。被写体は高台にあるライトアップされた洋館だ。本業も忙しいのにましてや天候や日時に制限があるので、最初は適当な理由を付けて体よく断ろうと思ったが、そこはイヤとは言えない性格が行動を起こした。
 仕事を終えてとりあえずカメラを携えて、現場へ向かった。ところが、あいにくその日は皆既月食の日だったため辺りが薄暗い。どうやって撮ればいいのか思案した。そもそも依頼者がどのような構図を期待しているのか、写真の使用目的などまったく聞いていなかったものだからますます不安になった。
ファイル 164-1.jpg あまり仰角を取りたくなかったので、少し離れたところから、望遠で撮ってはみたものの全く使えない。しばらくして直下の駐車場に移動して撮ってみた。大判ならアオリを駆使うところだが、ソフトで何とかしよう。そうこうしているうちに月食も終わり、空の色が出はじめ、いよいよ調子が出てきて、最後で決めよう。と、思ったときライトが消えた。
 ダメもとでサンプル画像を送ったところ、えらく気に入ったようで、いつも短めな小言しか言わないような人なのに、長々と世間話をしだし、ご機嫌な様子がうかがえた。良かった。

夕日撮影

 9月某日 仕事関係の知人から写真撮影の依頼を受けた。海岸沿いの夕日で特徴ある岩をからめてほしいらしい。チラシやWeb Pageの背景に使いたいとのことだが、時期的に岩と夕日の位置関係が良くない。ましてや、台風の接近が知らされる頃に、撮影どころではない。おまけに締め切り日が近い。なんとしても断りたいと思ったが、普段お世話になっていることと、以前、使わなくなったカメラを2台も貰ったことがあるので、快く引き受けてしまった。天候のことは十分言い訳になるので、作品の出来が良くなくても納得してくれるだろう。
 カメラをそうそう毎日は持っていないので、この日は状況を確認するためだけに現場に赴いた。この頃の日没は17時過ぎ、終業時刻になるやいなや車に飛び乗った。やはりイメージしたとおり、ものになるわけがない。つくづく引き受けたことを悔やんだ。ファイル 163-1.jpg
 翌日も日没が近づくにつれ西の空を何度も確認した。とりあえず撮ってみようと昨日の場所から10m程北寄りの場所で三脚出してカメラをセットした。諸々の儀式が終わった頃、まさかの雲が切れ、晴れ間に太陽がオレンジレッドに変わり、雰囲気が良くなってきた。どのみち作品ではなく背景なので、不本意ではあるが何度かシャッターを切った。急いでコンパクトフラッシュとリーダーを持って依頼者のもとへ届けた。コンデジのそれとは違い、なかなか気に入ったようで、何度も何度もお礼を言われ、少々こそばい気分で、帰宅した。
 今まで撮り溜めた写真もある程度のストックはあるが、依頼者の希望となると皆無に等しい。

活イカ Part2

ファイル 162-1.jpg 今年はイカが結構お高い。どうも不漁が続くらしいのだ。夏過ぎにも例年の40分の1の漁獲だとか、釣り船仕立てて釣果ゼロとの知らせも聞いた。職場近くの沿岸でもあまり香ばしい話は聞かない。仕方なく例のお店にまたまた出向いた。
ヤリイカは、小さめだったので2ハイ、アマエビとヒラメとカンパチにサバを少々。同行者の為にガマエビを盛りつけた。本当はイカだけで良かったのだが、味が単調になることと見た目が寂しいので、ちょっぴり賑わいを持たせたまで。カレイの塩焼きやアワビも勧められたけど今回は遠慮した。

GITZO G1228MK2

ファイル 161-1.jpg ジッツオのG1228MK2(カーボン三脚)とG1275M(マグネシウム雲台)を買った。なぜそんな古いものを?実は、G1228は2台目で、先代は15~16年前に3型のG1349を買ったとき、写友のU氏にゆずってしまった。以来、山へ持って行くのは旧型のアルミ製の#468Lと#220(ボール雲台)を担いでいる。ところが、アルミ製は重くて冬季はしばしば凍る。素手で触った日にはただでは済まない。でも、最近はデジタルカメラ+イメージ・スタビライザー搭載レンズで手持ちでもなんとか撮せるのと、体力が一段と落ちてきて重い三脚を持ち歩かないことが多くなっていた。いやいやこれではダメだ、曲がり形にも山岳写真家を名乗る者としては、装備はしっかりしていなくてはならない。先の大日岳で夜明けを撮ったときに「やっぱり山用に軽い三脚欲しい!」と真剣に思った。
 各社カタログやネット販売状況を確認してはみたものの、ただただコンパクトで軽いだけの物はどうもいけない。やはりGITZOがいい。今年リニューアルしたGT4542あたりを検討したが、12萬円の価格とデザインが好きになれない。それに生産拠点がイタリアへ移転したので少々信用できない。やはりMade in Franceの文字がないと!

山小屋ライブ

ファイル 160-1.jpg 大日連山縦走でお世話になった"ランプの小屋"といわれる山小屋、大日小屋。なんでもギタークラフトマンが経営する小屋で、夕食後にはミニライブが行われるとのことも。運が良ければ、プロギタリストが演奏することもあるらしい。大きな期待と小さな願望を持って訪れた。すごく雰囲気のいい小屋に違いない。
 しかし、現実は違った。確かに食堂壁面にはポジションインレイがないドレッドノートみたいで独特のヘッドを持つアコギが1本掛かっているが、受付や食堂の壁に貼られている案内にはイベントを醸し出すようなコピーはなく、夕食が済んでも始まる予感もなく気配も感じられない。それとなく近くの宿泊者に話題を振ったところ、ようやくスタッフに伝わり「食事の片付けが粗方終わる頃に弾きましょう。」と相成った次第だ。
ファイル 160-2.jpg はじめに、奏者自身が前座といいながらディジュリドゥという世界最古の管楽器の演奏があった。ディジュリドゥとは、オーストラリアの先住民アボリジニの楽器で、詳しく説明があった。もともとはシロアリに食べられて筒状になったユーカリの木から作られ、太さや長さなどは決まっていないらしい。演奏方法は、金管楽器のトロンボーンやトランペットのように管の一端に口を当てて唇の振動やしゃべって音を出す。鼻で吸い口で吐くという循環呼吸が使われ、このときも7分以上も音を出し続けていた。
 で、肝心のギター演奏は、私の期待を大きく裏切る"弾き語り"で、かなり古い曲とオリジナルなど3曲ほどを"歌って"いた。しかしギターそのもののサウンドは、クッキリとした輪郭で、クリヤーな響きはとても素晴らしい。不快な低音がないのは気圧のせいではないだろう。大変高価なことを言っていたのに、無造作に置いておいていいのだろうか?もっとも持って帰ろうにも少々やっかいな代物だし、登山者には音楽やる人がめったにいないのだろう。
 勝手なことを言えば岡崎倫典や押尾コータローばりのインストゥルメンタルとは言わないが、いわゆる"プレイ"が見たかった。

大日連山縦走

ファイル 159-1.jpg 昨年の剱岳の計画段階で候補に挙がっていた大日岳(2,501m)に行こう。決定したのは、出発の3日前だった。当初、称名滝からのピストンを考えていたが、少々お代を払えば2,450mまで運んでくれて、奥大日岳(2,611m)、中大日岳(2,500m)と大日三山が楽しめる縦走コースを選択した。
1日目 立山駅(7:00)→室堂(8:30)→新室堂乗越(9:50)→
      奥大日岳(12:00)→中大日岳(13:00)→大日小屋(14:00)
2日目 大日小屋(8:00)→大日岳(8:20)→大日平小屋(10:30)→
      牛の首(11:00)→称名滝(13:20)→立山駅(13:40)
 予想どおり立山駅駐車場は、満車状態。なんとか駅に一番近いエリアに駐めることができた。一応ぐるっと場内を見渡すファイル 159-2.jpgともう1台分のスペースがあった。もし無ければ、少し離れた臨時駐車場へ回らないといけないことになる。ラッキーだ。後の日程も考えて始発のケーブルカーに乗りたかったが、臨時バスも出ているので、案ずることはない。8:30頃には室堂を後にしたが、9:00頃になるとドーッと観光客が上がってくるのだろう。韓国人も最近多いと聞く。早朝だというのに登山をしない観光客も含めとても多くの人が室堂付近には居る。雷鳥沢にもテントが幾張りも張られている。なのに尾根筋を行き交う人は少ない。小屋についても雰囲気が少し違う。小屋の収容人数が36名と少ないことが原因なのか、大ファイル 159-3.jpg日岳(を含むコース)自体に人気がないのかはさておき、落ち着いた山行ができた。
 蒼い空と白い雲に紅葉が写欲をそそる。濃緑のハイマツと赤いナナカマドが異国を連想させる。隣接する弥陀ヶ原とともに、国際的に重要な湿地としてラムサール条約に登録された大日平も美しい。

活イカ

ファイル 158-1.jpgファイル 158-2.jpg

 イカ男の異名をも持つ私が、好天に恵まれた秋の日に、活イカを食しに出かけた。本当なら、自分で釣って頂くのがベストなのだが、技術が伴わずどうにもならない。釣り船を仕立てることを考えたら、時間と経費の節約になるので、馴染みの店へ出向いたまでだ。
 イカの種類はヤリイカで、つい今し方まで玄関先の生け簀に泳いでいたから鮮度は抜群だ。定食に付く白くなったアカイカとは食感が違う。ゲソの部分が器からずり落ちているのはカメラの電源を入れている間にどうやら逃げようとしたからだ。

Canon NewF-1AE

ファイル 157-1.jpgファイル 157-2.jpgファイル 157-3.jpgファイル 157-4.jpg

 民放でスパイダーマンが放映された。わりと好きなジャンルの映画なのでもう何度も視たが久しぶりに視聴した。気がつけば主人公ピーターはカメラマンだった。高校生の時にすでにCanon のフラッグシップモデルのNewF-1AEを使っているのは凄い。もっともこの映画が2002年で、同機の発売が1981年ということは、中古かも知れない。画像ではCanonのロゴが消えている。消されている可能性もある。あまり裕福とはいえない家庭なのでひょっとしたら学校の備品かも?でも学校で備えるとしたら、A-1かAE-1が普通だ。でも、その後もこのカメラを使っているところをみると、個人所有に違いない。
 F-1は当時、ファッションとかコマーシャル関係のカメラマンに愛用者が多く、報道系のカメラマンは、ニコンF3を使っている。新聞社のバイトにしては、機種の選択を間違えたのはおしい。アーティストを目指したのか。
 キャプチャーしたシーンでは、New FD 85mm F1.8 みたいなレンズを使っているがよくわからない。別のシーンでは、New FD70-210mm F4を使っている。可笑しいことに1:02:30頃に、左右逆の鏡像になっているシーンがある。

K.Country D-300

ファイル 156-1.jpgファイル 156-2.jpgファイル 156-3.jpgファイル 156-4.jpg

 アコギな毎日がどうやら弾くためではないことが明らかになってきた。
今回、私の元に届いたギターは、春日楽器のK.Country D-300。またもやドレッドノートタイプだ。ブランド名の「K」はKasuga、「Country」はカントリーミュージックをイメージして付けられたらしい。
 しかしこいつはどうも怪しい。ヘッドロゴも真っ直ぐだし、「EST.1935」の表記がない。ポジションマークも安っぽいスクエアーときている。ブレイジングには「385」のスタンプがあったり・・・。D-300 としたのはサウンドホール内の四角いラベルにあるからだ。調べてみないといけない。
 確かなことは、単板のなせる技か材の乾燥か、とにかく心地いい音がする。「シャリーン」

NIKON F Photomic

ファイル 155-1.jpgファイル 155-2.jpg

 またまた刑事コロンボ「逆転の構図」(1974製作)を視ていたら、一目で判別できるカメラが出てきた。コロンボが知り合いに貸してもらったという一眼 NIKON F Photomic。Fフォトミックには、T、Tn、FTnがあるが、ファインダー向かって左肩の外部測光用のレンズで最初期型と一目瞭然だ。1962年(昭和37年)4月発売。10年以上前のカメラなら知人も簡単に貸してくれるだろう。
 ところでこのドラマの重要なアイテムとなる殺人現場を撮影したカメラは、Polaroid Highlander Model 80A によく似ているが、ファインダー窓とレリーズの位置その他がちょっと違う。80Aは、1957年発売なので、おそらく模倣の後発機か。

ミシンに挑戦

ファイル 154-1.jpgファイル 154-2.jpg

 革で遊んでいると、用途に難儀する革が増えてきた。ベルトにするには薄すぎるし、小物を作るには多すぎる。そうだ!2枚合わせてカメラストラップを作ろう!!しかし、材料を目の前にして延々と手縫いするには辛いものがある。やっぱりミシンが必要だ。
 母が所有する家庭用ミシンでは使える糸の太さに限界がある。せめてビニモ5番手は使いたい。かといってお蔵入りになっている工業用ミシンを使いまわす勇気はない。いろいろ思案して職業用ミシンを改造することにした。手に入れたのは古いブラザーヌーベルクチュール。DB×F2の#23の針が使えるようにして、ストップモーションをロックして、モーターを外し・・・。
 やっぱりプリテンションは必要だろう。縫い目が安定するというマジックカケはどうしよう?いろんな情報はWebから入手し、部品はネット通販にお世話になる。今やある意味王道だろう。

Yamaki YW-20

ファイル 153-1.jpgファイル 153-2.jpg

 1978年頃製で定価が20,000円のエントリーモデル。弦高が高く、サドルが変に削られている。トップも相当焼けており、ペグもくすんでいる。相当時間をかけクリーニングを施した。
 このモデルは合板でありながらも凄く響き鳴りが尋常じゃない。さすが Yamaki! 数少ない他の所有のものに比べてもアコギ心が揺さぶられる。やや丸みを帯びたVネックシェイプは握った感触も私の手には違和感がない。できれば上位機種を入手しよう!
 トップ :スプルース
 サイド :ローズウッド
 バック :ローズウッド
 ネック :ナトー
 指 板 :ローズウッド
 ブリッジ:ローズウッド

YAMAHA FG-301

ファイル 152-1.jpgファイル 152-2.jpg

 1975年頃に製造されたヤマハFGオレンジラベルです。前期モデル。やや太めのVシェイプに近いネック、美しい3ピースの裏板が特徴です。40年近く前のモデルなのでさすがに経年を感じさせますが、なかなかきれいなルックスです。
 トップ :エゾ松
 サイド :パリサンドル
 バック :パリサンドル3P
 ネック :アフリカンマホガニー
 指板  :パリサンドル
 ブリッジ:パリサンドル

Argus C3

ファイル 151-1.jpgファイル 151-2.jpg

 昨日テレビを視ていたら、以前手に入れた Argus C3 が出てきた。1972年のアメリカテレビドラマ、刑事コロンボ「ロンドンの傘 Dagger of the Mind」だ。ロンドンに視察に来ていたコロンボが、田舎者のように衛兵の交代式を撮りまくる。その手にしていたカメラが Argus だ。次のシーンでは、NIKON F が映っている。
 これだけハッキリと認識できると気持ちがよい。さらに録画していたことは好都合だ。おそらく一度視たような記憶はあるし、内容もサスペンス感はないもののなぜか見入ってしまった。

MORRIS MD-525S

ファイル 150-1.jpgファイル 150-2.jpg

 手軽に遊べるギターがあるといいので、MD-525Sを手に入れた。ボディ内のラベルで韓国製と判る。トップはスプルース単板、ネックはマホガニーに似たナトー、サイド&バックもおそらくマホガニーだと思うがわずかにリボン杢が出ているので、サペリかもしれない。1980年代のビギナー向け国産人気機種の廉価版モデルだ。ネックのシェイプは細めのおにぎり型。安っぽいバインディングや、アバロンを模したセルロイドのインレイが悲しい。指板&ブリッジは見ようによっては、ローズウッドだが、韓国製は信用できない。日本製のSの付かない525はゴールドのペグでポジションマークも六角形で若干豪華に感じるのに・・・。トップはほどよく焼けていて、フレットの減り具合や、ピックガードの傷などからかなり弾き込まれている印象を受けるが、キズ打痕激少なく状態は非常に良い。若干のパーツ交換で思い切り遊ぼう!

MORRIS TF-801

ファイル 146-1.jpgファイル 146-2.jpgファイル 146-3.jpgファイル 146-4.jpg

 久しぶりにギターを手にした。
 サイド&バックにあのハカランダを使用した80年代のTFロゴのモーリスだ。状態はペグに錆とメッキ落ちが有るものの、あまり弾いてないのでボディトップもサイドバックにも打痕は無し。バインディング境目クラックもヘッドストックにありがちな線傷も・・・。フレットもしっかり残っていてネックは反り無し。新品みたい!?
 カタログには次のように書かれている。
1983年モーリスアコースティック技術の到達点とも言うべき高い完成度をほこるアイテム<TFシリーズ>。そのオールソリッド独特のタイト&クリアーなサウンドは、オールドアメリカンフォークに発生し60年代のモダンフォーク前世を経て磨き抜かれた現代に至る。深くうるおいのある豊かな音量、全音域にわたる絶妙のサウンドバランス。プロからビギナーまで、自分の確かな音楽世界の確立をめざすすべてのプレーヤーに、自信をもっておすすめするシリーズです。

集合写真

 仕事の関係で40人くらいの記念集合写真を撮ることになった。
 結果的には何の問題もなくとれたのだが、前日までは、面倒なことを引き受けてしまったなぁと後悔していた。おおよその見当は付いていたものの、まず天候がわからない。雨が降れば当然屋内でとることになる。そうするとフラッシュをたかなくてはならないかも?三脚は当然要るだろうし、コードもあった方がいい。自分は写らないので、リモコンは要らないか!
 まぁ、機材と知識は十分あるので、問題は被写体の表情を創ることが難しい。なにせ、相手は子どもなので、こちらの言うことなんてまともに聞いてくれるはずがない。仰々しくかしこまった肖像写真ではないので、流行のギャグでも連発して和ませるしかない。
 慣れないことはしないに越したことはない。

ギターコード

 久しぶりにギターを弾こうと思ったとき、あるコードが思い出せない。中学生の頃に買ったコードブックを探すにもなかなか見つからない。どうでもいいことなのだが、なんかイライラして落ち着かない。そうこうしているうちに、そうだ!ネットで調べよう!あっという間に解決した。おまけにこんなパーツも見つけてしまった。

 「日本一ちっちゃいかもしれないギターコードブック」です。
 小さいながらも、書籍のコードブック1冊分に相当する数の指板図が入っていて、音も鳴らせます。
 使い方は簡単。4つのプルダウンメニューを上から順に選んでコード名を指定すると、そのコードの指板図が表示されます。左右に向いた三角のボタンで、別のポジションに変えることもできます。そして♪ボタンをクリックすると音が鳴ります。

 ※このパーツを利用するにはAdobe Flash Playerのバージョン7以降がパソコンにインストールされている必要があります。

y[Wړ