KENJI

 山行のきっかけは、カメラを買ったことからだった。何を被写体にするべきか迷っていた時、中学校時代からの友人でもある代表に山岳写真の話を聞かされた。情熱的な彼の話はもちろん、アウトドアーにも少しの興味もあったので即チャレンジしてみたくなったのである。最初は有名な冒険家やカメラマンを意識しながら、オキマリの格好から入ったものの、山に登るとあまりにも感激することがありすぎて、フィルムを何本も費やしてしまったものだ。こうして始まった山行であるが、最近ではフリークライミングやロックなどに興味が移り、また頂を極めることに快感を覚えるようになり、山登りが主体になってしまって写真どころかカメラも持たずに山行する時もあり、原点に戻り山登りでなくカメラを持った山歩きを楽しんでいきたいと想う。Photo Name は、雷川実男